幸せになるメンタルケア・心の健康

心がとろける、1/fゆらぎとは?生活の中に取り入れてリラックス効果大

1/fゆらぎ

忙しい毎日に心がざわついて落ち着かないあなたへ、おすすめのリラックス方法があります。それが、1/fゆらぎを暮らしに取り入れること。

「ロウソクの炎を見ているとなぜか落ち着くのよね」というのは、理屈ではなく、本能的に1/fの心地よさを感じ取っている証拠です。

なぜ心地よく感じるのか?それは、私たちの生体リズムとも関係があるのです。

<スポンサードリンク>



1/fゆらぎとは?

1/fゆらぎ

1/f(エフぶんのいち)ゆらぎとは、揺らめく炎、小川のせせらぎ、サラサラと木々がそよぐ音など、自然界にある「心地よいゆらぎ」のこと。

「f」とは、「frequency」のことで、「周波数」を意味します。周波数は0以上の数字で、このf値に対してパワー(スペクトル密度)が反比例するのが1/fゆらぎと定義されているのですが、なんのこっちゃ、よくわかりません。定義は難しすぎます。

1/fゆらぎは自然の中にある

ごく簡単に言いますと、一定に見えて、実は一定ではない部分が含まれており、それが絶妙なバランスで調和しているために、私たちにとっては非常に心地よく感じられる、それが1/fゆらぎです。

例えば、ロウソクの炎って、独特な揺れ方をしますよね。左右に振れているように見えて、突然伸びてみたり。

波の音も、ザザー、ザザーっと、同じ間隔で押し寄せているようですが、ずっと一定ではないですよね。波の動きは、それぞれ違い、連続しながらも不規則な波が重なっているのがさざなみです。

規則的なものの中に不規則なものが含まれているもの、予測できそうでできないそのゆらぎ、その調和の具合が私たちに「快」の感情をもたらすのです。

管理人
管理人
実は、私たちの心拍も1/fゆらぎ。

え、心臓ってちゃんと規則的に波打ってるんじゃないんだ、と驚きましたが、人間の神経細胞が発する生体信号も1/fゆらぎだそうで、人間そのものが1/fのゆらぎでできているといっても良さそうです。

つまり、私たちの体がそもそも持っているリズムと共鳴するものを、心地よく感じるのでしょうね。

「International Conference on Noise and Fluctuations(ICNF)」という国際会議まで開催されていて、2年ごとに各国持ち回りで開催されているのだそうです。

1/fゆらぎは動くものだけじゃない

波の音や焚き火など、動くものだけにあるのではなく、動かないものの中にもあるのです。

代表的なものが、木目。そう、木の模様です。

木って、どことなく温かみを感じ、心安らぐ素材だと思うのですが、それはこの木目に理由があったんですね。

木目って、規則的に見えて、規則的じゃないですよね。これが1/fゆらぎ。

そして、クラシック音楽などにも1/fゆらぎがあります。ヒーリングミュージックなどもそうですし、有名なところですと、モーツァルト。日本の雅楽にも1/fゆらぎがあるそうです。

1/fゆらぎを暮らしの中に取り入れる

1/fゆらぎには、時間を忘れさえてくれる不思議な力があります。疲れたら、1/fゆらぎが家の中にあると、心安らぐ時間を過ごせそうです。

寝る前に、たまにはスマホから離れて、クラシック音楽に身を委ねてみるとか。すごくよく眠れそうです。

電気を消して、キャンドルの灯りを楽しむのもいいですね。しかし、火をつけたまま寝てしまうと怖いので、フェイクのキャンドルはいかがでしょうか。

ついでに、ヒーリングミュージックでも流しながら、ハーブティーでも飲んで、リラックスしてください。