幸せになるお茶・飲み物

生姜はちみつドリンクの作り方とダイエット効果

生姜とはちみつ

生姜はちみつドリンク、そうです、ジンジャーエールです。手作りできます。

自分で作れば、甘みや辛味の調節もできますし、喉にもいいし、ダイエットにもいい。パーフェクトドリンクです。

生姜はちみつドリンクの作り方と、40代に嬉しいダイエット効果について説明しましょう。

<スポンサードリンク>



生姜はちみつドリンクの作り方

Ginger

生姜はちみつドリンクは、ホットでもアイスでも楽しめます。

簡単なので、ぜひ手作りしてみてください。

ホットの生姜はちみつドリンク

  • お湯 1カップ
  • 生姜(チューブ) 2cm
  • はちみつ 大さじ1
  • レモン汁(好みで) 大さじ1

カップに生姜とはちみつ、レモン汁を入れて、お湯を注ぐだけです。

管理人
管理人
私は面倒で、チューブの生姜を使いますが、すりおろした方が香りもいいし、辛味もあります。

生姜のピリッとした辛味を楽しみたい人は、すりおろした方がいいです。

生姜やはちみつの量は、好みで変えてください。

アイスの生姜はちみつドリンク

アイスで飲むときは、はちみつが溶けにくいので、レモン汁とはちみつをカップに入れて、先によく混ぜてください。

それから、生姜とお水を加えます。炭酸水もおすすめです。

氷はお好みで。

生姜のはちみつ漬けを作っておくのも良い

毎回、生姜とはちみつを混ぜるのが面倒だなという人は、最初にひと手間かけて、生姜のはちみつ漬けを作っておくといいです。

◆用意するもの

  • 生姜
  • はちみつ
  • ガラス瓶

◆作る手順

  1. 生姜はよく洗って、皮付きのままスライスします。(すりおろしても良い)
  2. 清潔なビンに生姜を入れて、かぶるくらいはちみつを加えます。
  3. 冷蔵庫に入れて、翌日から使えますが、できれば1週間くらい漬け込んだ方が美味しいです。

生姜の辛味が苦手な人は、一度水にさらすか、さっと湯がいてから漬けるといいでしょう。

管理人
管理人
その場合は、水分をしっかり切ってからつけてください。

水分が入ってしまうと、傷んでしまうことがあります。

生姜をはちみつに漬けたらカビに気をつけて

はちみつを使っていると、生姜が顔を出してしまうことがあります。

空気に触れるとカビが生えやすくなるので、冷蔵庫で保管します。

生姜も食べたり、料理に使ってください。

生姜はちみつドリンクのダイエット効果

Ginger, Honey

生姜とはちみつ、どちらも健康に良いものですが、40代としてはダイエット効果に注目したいところ。

生姜は、冷え性の改善にも役立ちますから、「痩せ体質」を作りたい人には、ぜひ摂って欲しい食材です。

ここで一つ注意しなくてはならないのが、冷えに良い生姜の成分は、加熱することでできるため、アイスの生姜はちみつドリンクではなくて、ホットで飲んで欲しい!ということです。

生姜のジンゲロールという成分が、加熱するとショウガオールに変わります。このショウガオールが、冷えにはいいです。

管理人
管理人
ですから、ダイエットのために飲むのなら、ぜひホットで。

もう一つ、はちみつにはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸の中で善玉菌のエサになるものです。

オリゴ糖が腸内環境を整えてくれることから、砂糖よりもはちみつを使った方がいいんです。

風邪気味の時に喉にもいいですし、はちみつと生姜は常備しておいた方がいいですね。

生姜はちみつドリンクはいつ飲めばいいの?

生姜はちみつドリンクをダイエットのために飲むのなら、朝起きた時に飲みましょう。

置き換えダイエットのように、食事がわりに飲むわけではないので、いつ飲んでもいいのですが、これから活動する=これから脂肪が燃えるという、朝に飲むのが一番です。

私は体を温めるために、白湯を飲んだりするのですが、その白湯に生姜チューブ、はちみつを加えて飲むようにしています。

生姜はちみつドリンクをいろいろアレンジして楽しもう

お湯割り、水割り以外にも、炭酸割りも美味しいし(これが本当のジンジャーエール?)、紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけても美味しいです。

割と色々なものにアレンジできるので、ダイエットしてるとか、痩せ体質を作ってると意識しなくても、続けやすいのではないでしょうか。

実は、そのまま舐めても美味しい。地道に続けるほど体に良いと思いますので、色々なアレンジ方法で続けてみてください。

<スポンサードリンク>