幸せになるダイエット

美味しく痩せられるキムチ鍋ダイエットでお腹の中からキレイになる

キムチ鍋

40代に入ると、それほど食べていなくても太ってしまう…という悩みが増えます。

食事の量は以前と変わっていないのに、代謝が悪くなっているから太ってしまう悲しみ。

以前なら、少し運動するくらいで元に戻ったのに・・・と思いませんか。1日食事の量を調節したら1kgくらいすぐに痩せたのに。

しかし、それができなくなるのが40代です。

ならば、食べて痩せる食材はないのか。あります。今回は食べて痩せる事が出来る「キムチ鍋ダイエット」について紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>



美味しく食べて痩せられる、キムチ鍋の秘密

キムチ鍋 ダイエット

「食べても痩せられるなんて夢のよう!」と思ってしまいがちですが、キムチ鍋を食べるだけでみるみる痩せていく訳ではありません。

あくまでもキムチ鍋を食べることによって、より痩せやすい身体づくりをする事が目標。食べて痩せる魔法の食材は残念ながら、ない。

キムチに含まれるカプサイシンや乳酸菌を摂ることで痩せやすい身体を作り、そしてお腹はいっぱいになりながらカロリーダウンできる。

キムチ鍋はダイエットに最適なメニューだといえます。

ちゃんと食べるからリバウンドしにくい

食事の量を極端に減らすダイエットはリバウンドしやすいだけでなく、健康にも良くありません。

40代で食べないダイエットなんてしたら、絶対ダメです。痩せるというよりはやつれて、貧相な女になってしまいます。

キムチ鍋ダイエットはしっかり食べて痩せる方法なので、リバウンドしにくいダイエット法だといえます。

野菜だけではなく、タンパク質も摂れる

ダイエットをしていると、食べたら太るという思いから極端に食べずに、逆に不健康になってしまう人が多いですが、キムチ鍋であればその心配もありません。

お野菜たっぷりで、お肉やお魚を入れる事で食べ応えだけではなく、タンパク質も摂取する事も出来ます。

40代でなんで痩せにくくなるのか、それは基礎代謝量が落ちているから。

基礎代謝量を上げるには筋肉をつけないといけないですが、この記事を読んでいるということは運動があまり好きではないのでは?と思います。私はそうです。

運動しないなら、なおさらタンパク質をきちんと摂らないと筋肉つかないです。野菜だけ食べてたらダメなので、両方摂れるキムチ鍋がおすすめなんです。

乳酸菌が生きて腸まで届く

ヨーグルトの中に入っているのが乳酸菌。実はキムチにも乳酸菌が入っています。

「P・ペントサセウス」という名前のもので、なんと胃液にも負けない強力な乳酸菌なのです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌よりも、生きて腸に届きやすいという性質を持っているのです。

乳酸菌で腸内環境を整える

キムチには乳酸菌は腸の中の善玉菌を増やし、痩せやすい体づくりに役立ちます。

ダイエットというとカロリー制限ばかりに目がいきがちですが、痩せ体質を作るにはお腹から。

余計なものを溜め込んでいては、痩せないのです。

お通じが良くなり、むくみの解消も期待が出来ます。

カプサイシンで血行改善

温かく、発汗作用のあるキムチ鍋を食べることによって、冷え性などの症状の改善が期待できます。

身体の外から温めるのも良いですが、身体の中から温めることにより、確かな効果を得る事が出来るのです。

冷え性の人は巡りが悪いことも太りやすくなる原因の一つ。キムチ鍋の血行促進作用で痩せやすい身体を作ることができます。

ダイエットのためのキムチ鍋の正しい食べ方

キムチ鍋

いくらダイエットに役立つからといって、どか食いしたら意味がない。

どうやって食べるのが正しいのか、それを押さえておきましょう。

管理人
管理人
この食べ方は、他の鍋にも応用できますよ。

冷ましながらゆっくり食べる

猫舌でなくても、アツアツのお鍋をすぐに食べるのは難しい。だから、食べるのに時間がかかる。これがいいんです。

きちんと冷ましてから口に入れる事で、早食い防止の効果があります。

取り皿に取ってから食べる

お鍋から直接食べるのではなく、取り皿に取って食べることで、食べすぎ防止の効果があります。時間をかけて食べる事で満腹感を得られる事が出来ます。

キムチ鍋ダイエットの効果を高める方法

キムチ鍋

キムチ鍋は美味しいから好き!という人も多いと思うのですが、ダイエット効果を高めるための工夫もご紹介しましょう。

効果を早く出したい時は1週間続けてみよう

夕食をキムチ鍋にして、1週間続けてみてください。同じ味だと飽きるかもしれませんが、ダイエット効果を早く出したい場合はちょっと続けてみましょう。

卵を入れたり、肉や魚などメイン具材を変えたりして、アレンジしながら食べるといいです。

緩やかでいい場合は、数日に1回でOKです。

野菜から先に食べる→最後にタンパク質

いつもの鍋よりも野菜を多めに使いましょう。そして野菜から食べ、最後に肉や魚を食べます。これで栄養価もバッチリ。雑炊や麺がなくても十分満足できるでしょう。

くれぐれも、野菜だけにしてはいけません。

野菜だけだとその時は満腹になるものの、腹持ちが悪いため、寝る前にお腹がすいて何か食べたくなってしまうこともあるからです。

ダイエットのためにはたんぱく質を摂ることが重要です。肉や魚、豆腐などもしっかり食べましょう。

この冬はキムチ鍋でダイエットしませんか

いつの季節に食べても美味しい「キムチ鍋」。

一品料理ですが、栄養満点でダイエット効果も期待でき、洗い物も少なくなるなんて、まさに一石二鳥ならぬ一石三鳥です。

無理なダイエットをしてリバウンドする事も無く、痩せやすい身体を作る事で確実な効果を期待できるのです。

<スポンサードリンク>