幸せになるお茶・飲み物

硬水と軟水の違いは?どっちが健康やダイエットにいいの?

硬水と軟水。

  • 聞いたことはあるけど具体的にどんな違いがあるのかわからない。
  • どっちがどういいんだかもわからない、

という方のために、硬水と軟水の違いをわかりやすく説明します。

ちなみに私は硬水は苦手で、あまり飲めません。

ヴィッテルを初めて飲んだ時はあまりのまずさに、500ml入りのペットボトルが全部飲めませんでした。

<スポンサードリンク>



水には「硬度」がある

軟水 硬水

水は化学記号で書くとH2Oですが、天然の水にはミネラルが含まれています。

そのミネラルの含有量によって水の「硬度」が決められています。

お水1リットル当たりのミネラルの量(mg)によって分類します。

日本の分類

  • 軟水 硬度100以下
  • 中硬水 硬度101~300
  • 硬水 硬度301以上

WHO(世界保健機関)での分類

  • 軟水 60未満
  • 中程度の硬水 60~120
  • 硬水 120~180
  • 非常な硬水 180

硬水とは

硬水はミネラルが豊富で、硬度が100を超えたら硬水ですね。

味はといえば・・・日本人には馴染めない味だと思います。

水だとは思えない(好みですけど)。

欧米は硬水が多いです。

軟水とは

日本で採れる水はほとんど軟水です。

軟水でも分類があります。水を買う時は表示を見てみてください。

●ナチュラルウォーター
特定の水源から採取されたもので、濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていない。

●ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち、ミネラル分が溶け込んでいるお水。

●ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターにオゾン殺菌、紫外線殺菌、ミネラル分の調整など手を加えたもの。

どれがいいかというよりは、好みですね。

硬水と軟水、どっちが美味しい?

軟水 硬水

こればっかりは好みですが、硬水と軟水は料理や目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

軟水は和食に適している

軟水は、

  • 出汁を取る
  • お茶を淹れる
  • 赤ちゃんのミルク

などに適しています。

日本の甘味のあるお米、そして出汁が命のお味噌汁やすまし汁には軟水が適しています。

硬水は灰汁の出る料理に

灰汁を出しやすくするので、肉を煮込む料理など洋風の料理に向いています。

また、麺のコシを出すので、パスタにもいいでしょう。しかし、日本のお米を炊くのには向いていません。

やったことはありませんが、硬水でお米を炊いたらさぞかしまずいでしょう。

ダイエットなら硬水

よくダイエットに良いといわれていますが、便秘に良いマグネシウムが含まれていたり、脂肪の吸収を押さえるカルシウムが含まれているからです。

コントレックスはダイエット中の女性に人気がありますよ。(私は飲めませんが)

created by Rinker
¥3,942
(2022/09/26 20:54:25時点 楽天市場調べ-詳細)

胃腸が弱い人には軟水

硬水が便秘に良いということは、元々お腹がゆるめの人には向いていないということです。

ミネラル分が多いので内臓に負担がかかりますから、胃腸や腎臓が弱い人はやめておいた方がいいでしょう。

髪や身体を洗うなら軟水

私たち日本人が普段お風呂で使うのは軟水です。髪にも肌にも優しいので、特に何の心配もありませんが、海外に行って硬水を使うと肌がつっぱるとか髪がパサつくことがあるかもしれません。

また硬水は泡立ちが悪いので、石けんやシャンプーが泡立たないということも。軟水ならそのようなことはないですね。

よく見かける水は硬水?軟水?

軟水 硬水

毎日の水分補給として飲むなら、日本人にあった軟水がいいと思います。

軟水
南アルプスの天然水 30
六甲のおいしい水 32
クリスタルガイザー 38
いろはす 44(28.8〜44。採水地によって違う)
ボルヴィック 60
富士ミネラルウォーター 87

 

硬水
エビアン 304
ヴィッテル 315
ペリエ 400
サンペレグリーノ 674
ゲロルシュタイナー 1302
コントレックス 1468

食事からのミネラルが足りないなと思ったら少し硬水で補給するのはいいかもしれないですが、飲み過ぎると結石のリスクが高くなるので注意してください。

まとめ:日本人の身体に合っているのは軟水

軟水 硬水

硬水も軟水も、好みで飲めばいいと思いますが、日本人が昔から飲んできたのは軟水です。

身体に合っているのは軟水でしょう。

便秘を解消したいとか、ダイエットの運動効果を高めたいというように特定の目的がある時だけ、サプリメントのような感覚で硬水を飲むといいかもしれないですね。

<スポンサードリンク>