幸せになるライフスタイル

保育園の送り迎え。雨の日どうする?自転車に乗るときの注意とレインコートの選び方

梅雨でも秋雨前線がやってきても、雨の日は自転車に乗って保育園の送り迎えをしていました。

大人の足で歩いても10分以上かかる保育園まで、自分の荷物と子供の荷物を持って傘をさして歩くなんて無理ですから。

最初のうちは、雨の日に自転車乗って送迎するなんて・・・と思っていましたが、慣れてしまえば大丈夫です。

雨の日の保育園の送り迎えのコツとあると便利なものをご紹介しましょう。

一度やってしまうと、カッパ着てスーパーに行くのも平気になります。

<スポンサードリンク>



雨の日の保育園の送迎のポイントと注意点

雨の日に子供と荷物を乗せて自転車に乗るのは結構危険だということを意識しておくことが大事です。

とても滑りやすくなっている上に、視界が狭くなるからです。

傘さし運転は絶対ダメ!

私は、これだけはやらないようにしていましたが、傘さし運転は法令違反です。

東京に住んでいる方は、道路交通法第71条および東京都道路交通規則第8条に違反します。
(→詳しくは警視庁ホームページ

地域によっては、自転車に傘を固定するのもダメなところがありますから、お住いの自治体の条例を確認した方がいいです。

曲がり角では一度止まる

カッパを着ていると、フードが思いのほか動かないんです。

だから、首を右に曲げるとフードがついてこなくて、顔半分隠れて右側が見えなくなったりする。

管理人
管理人
特に危険なのは曲がり角を曲がるときです。

自転車が重いし、滑りやすいし、左右をよく見ないで曲がった時にどちらかから車が来てもとっさに避けられない可能性があります。

面倒でも一度止まって、車が来ないことを確認してから動いた方がいいです。

ポケットには大きめのタオルを!

保育園についてからの準備も大変なのが雨の日。

持っていった着替えを引き出しに入れたり、連絡帳を出したりと準備がありますよね。

カッパを着ていても水が滴ってきて大変なので、カッパのポケットにフェイスタオルを入れておきましょう。

保育園についたら顔と手をささっと拭いてからいつもの準備を。

ハンカチではなくて、タオルを持っておくと便利です。

子供を雨から守るレインカバーがあると便利

レインカバーは、子供が嫌がらなければあるといいと思います。

うちの子供達はなぜか覆われるのが嫌だったみたいで、皆傘をさしたがりました。

傘がさせない小さな時でも、カバーは嫌がったので使いませんでした。

でもあると便利です。

子供のカッパはズボン付が便利

レインカバーがあっても、自転車から降りた時には濡れてしまうので子供のカッパは必須。

うちもカッパがいくつかありましたが、ズボン付が便利でした。どんなひどい雨でも濡れないので。

子供も大きくなってくるとレインカバーなんていらんと言って、傘をさしたがります。

傘をさしても守れるのは頭だけなので、足元はびしょ濡れになってしまうんです。

だから、ズボン付が便利。

別にズボンなしでも、ポンチョタイプとして着れますからね。

大人用は前が見やすくて通気性の良いものがおすすめ

大人のカッパ(レインコート)にはいくつか種類がありますが、これは下に何を着ているかによって適したものが違うと思います。

  • ポンチョタイプ
  • 丈の長いワンピースタイプ+グローブ
  • パンツのついたセパレートタイプ+グローブ

さて、どれがいいかは正直好みです。

カゴまで覆えるポンチョタイプ

荷物も濡れなくていいじゃん!と思ったのですが、私はこれ、ダメでした。

なんといいいますか、恥ずかしいです。長すぎて。

これは純粋に好みの問題で、手も覆えるし、荷物もカバーできていい!と思う人にはおすすめです。

丈の長いワンピースタイプ+グローブ

スーツを着ているときはこれでした。

足元は濡れてしまいますが、それ以外はカバーできます。一番出番が多かったのがこのワンピースタイプです。

服装を選ばずに切られると思います。

 

ママにおすすめ理由はこの3点。

  1. 足さばきは思いの外余裕があって、自転車が漕ぎやすい。
  2. 着脱がしやすい。
  3. オーソドックスなデザインなので恥ずかしくない

これは保育園を卒園した今でも着ることがあります。

雨の日だけどスーパーに行かないといけない、しかも歩いていくには帰りに荷物が多くなりそう、なんて時に着てますよ。

真夏以外は、雨に濡れると意外と手が冷えるので、グローブがあった方がいいです。

ユニクロなどで売っている安いやつでOK。

防水タイプのものを1つ持っておくといいですよ。

パンツのついたセパレートタイプ+グローブ

濡れないということを重視するなら、セパレートタイプが一番濡れませんでした。

しかしこれは着脱が面倒なため、自転車置き場で脱ぐのに時間がかかりました。

でも、めくれる心配がないし、一番濡れないです。

管理人
管理人
だから、暴風雨でも行かなくてはいけない時などはこれがあると便利です。

予備として持ってました。

手を保護するのに、やはりグローブは必須だと思います。

フードがしっかりしているものがおすすめ!

顔の部分、すごく大事。

最初は紐でキュッと絞るタイプのカッパを着ていたのですが、これですと顔はずぶ濡れになってしまいます。

次に買ったのは、フードの周りが透明でしっかりした素材で作られているもの。

これですと、顔が濡れにくい上に周りも見やすい。

雨の日ってすごく視界が悪くて、特に曲がり角なんて左右をすごく見づらいんですよ。

そこに大きなフードのカッパを着てしまうと、首を左右に回してもよく見えない。

だから、上記のワンピースタイプでご紹介したような、透明になっているものがすごく使いやすかったです。

通気性が大事です

こればっかりは着てみないとわからないところもあるのですが、通気性はすごく大事です。

真冬以外は、服着てカッパ着て自転車漕ぐとすごく暑い。

特に夏の雨の時なんて最悪です。

ですから、内側がメッシュ素材になっていて、「通気性抜群!」と書かれているような商品を選んだ方がいいですよ。

せっかく顔を雨から守っても、汗で化粧がドロドロになりますから。

荷物が濡れないようにするにはどうすればいい?

普通にカッパを着ていると、カゴの中の荷物は濡れてしまいますから、自転車カゴ用のカバーを1つ持っておくと便利です。

私は自分で撥水加工の生地を買って、通勤バッグが入る大きさの袋を作り、それに入れていました。

レインブーツは?

会社員の頃は、スーツにレインブーツが合わないので履いていませんでしたが、パンプスですとどんなカッパを着ようと足はびしょびしょになるので、あったほうが便利です。

最近はおしゃれなレインブーツも出ているので、通勤服に合ったデザインのものがあれば、足が濡れなくていいですよ。

雨の日の送り迎えはいつもより時間がかかるから早めに支度を

雨の日は何かと時間がかかります。

自転車に荷物を積んだり、子供を乗せるだけでもいろいろ手間がかかります。

保育園についてもびしょびしょだから、着替えを引き出しに入れるとか、大変です。

ですからいつもより10分は余裕を持って準備をした方がいいです。

今は大変ですが、後でいい思い出になりますよ。

私も雨の中を子供たちの送り迎えしたことは、なんだか懐かしく感じます。

<スポンサードリンク>